2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月になりました。

今月は、高等部現場実習のある月です。

光も実習。
中3の時に行ったことのある作業所です。
今日は、実習に向けての事前訪問でした。

実際、どこの作業所も定員いっぱい。
実習は受け入れるけど、卒業後の受け入れは無理です、とのこと。
作業所の稼働時間が短いので、その前後の日中一時はどうなのかも聞く。
あるにはあるけど、単価が安くて儲けにならない。
採算があわないから受け入れたくない。
企業の考え方だと、普通は受け入れない、と。


∑( ̄_ ̄♯)………。


利用者を前にして、こんなコト言う?
採算があわないから、なんて言う?
嫌われるコトを言って敬遠するのを待ってる?

なんだか、煮え切らない気持ちで、事前訪問が終わりました。


ここの法人は、利用者視線に合わせた支援をしていて、
今までは高評価だったのですが、
今日は一気に評価が落ちました…。

ここまで言われると思わなかったから、ちょっとヘコんでます。

この事業所も色々あって大変なんだろうなぁ…。

そう思うようにした。いや、そう思わないと心が折れる。

ま、ガンバロ。親子で。


あ、今回から作業所までは、自力でバスを使って行く予定。
何もおこりませんように。

応援してね☆みんな!
スポンサーサイト


【ひどい!!】
はじめまして、初めてコメントします。zukkoと申します。
制度が改善されない限り、サービスを提供する側も、受ける側も苦しいのが現状かもしれません。
施設の内情が苦しいのは利用する側の私たちにもなんとなく伝わってきます。
でも、それを利用者にそんなふうに伝えてはいけないでしょう???ひどい話です。
「あなたを受け入れると儲けにならない、採算が合わない。」なんてストレートに言われたら、
私たちはどうすればいいのですか?その法人さんの職員さんが皆そんな考え方ではないことを祈りますが、
その発言は大問題だと思いますよ。第一、企業じゃないし!!
法人の理念や制度のあり方って、単なる飾り物ですか?ガッカリです。
シンポジウムや講演会で立派な言葉が並んだところで、「それってウソじゃん。」って思ってしまいます。
少し前、これが福祉なの?進路決定ってこういうことだったの?と、かなりモヤモヤした気持ちで過ごした期間がありました。現実を認識し、受け入れることも大人として必要なのか?と自分に言いきかせ、何とか思いを沈めましたが、Yuーちゃんさんのブログを拝見して、くすぶっていた思いに火がついてしまいましたよ。

【zukkoさんへ】
初コメント、ありがとう~v-32

うちの子はいらない、っていうこと?
モノじゃなくて人なんですけど・・・。
って思い、フツフツとしていますv-39

そして、実習ここに5日間通わなくてはいけないv-356
光はそんな諸事情、現実ってモンがわかりませんから、
毎日楽しく通うでしょう。
でも、親はそんなこと言われたら、
心穏やかにはいられませんv-13

現状はわかります。
受け入れがどれだけ大変か。
利用したい人がたくさんいる、ってことも。
うちの施設だって一緒ですもの!!

でも、こんなこと利用者には言いません。
サビ管ですよ、その人v-219

とにかく、実習は決まってしまっているので、
今回は頑張ります。

共感してくれてありがとうv-352
ちょっとココロが軽くなりましたi-184
【ねがい】
そうね、大人の事情とは関係なく、今は光さんが5日間の実習を気持ちよく終えられるように、精一杯、応援してあげたいですね。

契約制度から十数年・・・。「お願いする立場」「お世話になる立場」から私たちは抜け出せない現実があるんだなぁ。こんなことがあると余計にそう感じてしまう。

親としての責任を果たした上で、「本人のより良き支援」という共通の目的のもと、施設の職員さんと親が対等な立場で意見交換をしたり、思いを伝え合ったりできる最良のパートナーでありたいと願っている。
【zukkoさんへ】
契約になったというのに、まだまだ対等とはいえません。
でも、あたしは仕事をする時保護者の方々の思いを、
決して忘れてはいけない、
大切なお子さんを預かり支援している、ということを
頭に入れて関わっています。

中には上から目線の職員がいます。
とても許せないときには、注意することもあります。

そういう上から目線の職員を見て育つ新人が、
似たような支援の仕方を獲得していってしまう、という
危険性が常にあります。

だから、いつまでたっても「お世話になる立場」感が
抜けないんだと思います。
悲しいですよね。

実習が終わったら、この施設宛てに
お手紙を書かせていただくかもしれません。
あたしたち親が発信していかなければ
何も始まりません。

これからも親子で乗り越えていくことはたくさんあると思うけど
折れずに闘うのが我が家のモットー。
zukkoさんも折れずに立ち向かいましょう!!
この記事へコメントする















Yu-ちゃん

Author:Yu-ちゃん
4人の子を持つシングルマザー。
知的障害者の施設で看護師してます。

長男(専門学生1年)
 無事専門学校に進学!!
 親元を離れ、寮での新生活が
 始まりました。
 「一人」を満喫中。

次男(高2)
 特別支援学校に通う自閉症児。
 高等部2年目です。
 卒業後が少しずつ近づいています。
 今年も作業を頑張ります。

三男(中3)
 受験の年になりました。
 我が家の一番の働き者です。
 洗濯、ゴミ捨て、
 いつもありがとう。

長女(小3)
 新しいクラスで頑張っています。
 相変わらず親子で・・・(笑)
 でも、それなりに成長中。
 
前回ブログはこちら
      ↓
http://blog.livedoor.jp/skkh4ozayukomama/

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。